家の劣化を改善

マンション

家が古くなってきた場合リフォームをする必要があります。リフォームにもいろいろなパターンがあり、家の1部分だけリフォームする場合もあれば全面リフォームする場合もあります。 もし家の1部分だけの場合は、その箇所によって価格が変わってきます。例えば水まわりのあるところは、他の部屋に比べると価格が高くなってきます。具体的にはキッチンや浴室の場合は100万円位が相場とされています。 これに対して、和室洋室などの寝室、リビングなどは50万円前後が価格の相場となっています。 では住宅の外はどうでしょうか。屋根や外壁等はおよそ30万から70万円ほど、門やカーポート、塀などは20万前後が相場とされています。もちろん、各箇所は素材などによって価格が変わってきます。

リフォームの歴史については今から遡ること30数年前から始まっています。 最近の傾向としては、少子高齢化や不況の世の中では新築を購入してそこに住むよりも、中古住宅を購入してその中古住宅をリフォームしたほうが安くなるため人気です。 これは、土地の価格が下がり続けている事に原因があります。たとえ新築住宅を購入しても、上物は30年もすれば価値がゼロになりますし、土地自体も価格が下がるとすれば資産価値がなくなるどころか、負債を抱えていることとたいして変わらないのです。それならば新築住宅を購入するよりも中古住宅を購入した方が金銭面でまだマシだと考える傾向にあるのです。 ただし、都心部から離れた郊外は新築住宅も2,500万円を切ることがありますので、その場合は新築住宅のほうが安いこともあります。